何が違うの?正規店と非正規店での修理のやり方

将来の保証があるかなくなるかの違い

スマホの中でも人気があるのがiPhoneで、肌身離さず持ち歩いている人もいるでしょう。常に持っているとトラブルが発生する可能性も多くなり、修理が必要になるかもしれません。iPhone修理をしてもらえる業者として、正規店と非正規店があります。正規店はメーカー直営店や代理店になり、メーカーの技術者が修理をしてくれます。正規店で修理をしてもらうと、それ以降もメーカーの保証を受け続けられます。一方非正規店はメーカー以外の業者が修理をします。メーカーとは一切関係ない技術者が修理を行うため、それ以降メーカーの保証が受けられなくなります。有料のメーカー保証を受けているのであれば、正規店に修理をしてもらって保証を継続してもらいましょう。

修理の材料が純製品か互換品かの違い

修理が必要になって正規店で修理をしてもらうとき、交換が必要になるときは純正の部品を使って修理をしてくれます。一方非正規店では基本的に純正部品を使いません。純正品に似せた互換品が流通していて、それを使っての修理になります。互換品でも純正品に似せているので、使い勝手などはほとんど変わりません。互換品の中には純正品と製造元は同じものもあり、機能的な問題がない時もあります。ただガラスや液晶などで製造元が異なるケースだと多少色合いが変わる可能性があります。ガラスなどは表示に影響する部分なので、純正品と互換品とではかなり違いを感じるかもしれません。安さを取るか使い勝手を取るかの選択をしなくてはいけないでしょう。

iphone6sの修理は、街中に多く点在する修理専門ショップで承っていて、電池交換・基板交換・外装修理を始めとしたあらゆるトラブルに対応する事が出来ます。